叱咤

ぽかっと空いた穴。これは出口だろうか。

 

別れがくるんだろうな、と薄々感じていた。ほんのうっすらだったそれは、いきなり濃度を強くしてわたしの前に現れた。

 

疑いのピースはたくさんある。でもわたしはそれを拾いたくない。最後まで信じて信じて信じておしまいにしたい。

 

意地だろうか。意地でもよい。

今日を振り返ったとき、疑心暗鬼に取り憑かれて君の目も見れないわたしでいたくない。

 

周りはやめとけっていうよ。大切にされていないっていうよ。

 

でも信じると決めたのはわたしだ。

嘘か本当かなんてきっとどちらでも良い。

 

本当は疑いたいわたしがいる。

酷い嘘を予想しておきたいわたしがいる。

踏みとどまれ。格好悪いよ。信じることは強さだ。

今までずっと目を背けてきたことから逃げるな。

 

つまらない女なりにできることをやりたい。

強くありたい。

 

かっこ悪さを恐れない強さが欲しい。

 

bad break

もう3月も終わってしまう。

25歳はやったことないことやりたいことをやる年にしようと思っている。
少しずつやったことは増えてきていると思うけど、おもしろいくらいどんどん忘れていく。

映画を観た、バーに行った、好きな人に好きだと言った、料理をした、「めんどくさい」という理由で断らなかった、美術館に行った、写真を撮った・・・

ちゃんと残さないと。アウトプットをサボるくせがある。サボるというかアウトプットにはとてつもないパワーが必要で。もっとアウトプットを気楽にしていきたい。そのためにはアウトプットの手段を変えた方がいいのかもしれない。

SNSは繋がっている人によって、躊躇してしまう。けど認めてもらいたい気持ちもある。むー。また匿名のアカウントでも作ろうか。意識の問題のような気もする。わたし自身がわたしをさらけ出すことに勇気をもたないと、いつまでたっても人の目を気にしながら人の目を求めてしまうのだろう。

好きな人からお別れを言われそうだ。早い、早いよ!わたし、まだ何も君のことを知らないのになー。どうすればいいか分からない。客観的に見ると(主観的に考えてもだけど)君はわたしのことそんなに好きじゃない。少なくともわたしよりは好きじゃない。けどこれは普通のことであって。だって君もわたしのことを知らないし、わたしはわたしで君の前だと借りてきた猫のようになってしまう。わたしの課題だ。自分をさらけ出すということ。恋愛でも、仕事でも、わたし自身の大きな課題。さよならするのがもったいないと思う。もっとわかり合うために四苦八苦してそれでも分かり合えなくて駄目だったね、そうだったら納得できるのに。(すぐではないかもしれないけど)

でもそれだって相手の気持ちがないと、どうしようもない。わたしの気持ちだけで付き合わせるわけにはいかない。

泉まくらのBLUEという曲が、歌詞が、今のわたしにとてもマッチしていた。

私のしあわせが君に何か迫るなら
それじゃだめ
それじゃだめだと思うんだ

きっとこれからも重ねるミステイク
その度にちゃんと泣ける自分でいたいな

みじめな気持ちになる。連絡を待って、尻尾をふって会いに行く、そんな女になりたくない。

自分の足で立って、行きたいところは自分で決めて、好きなひとを強く信じて、自分を信じて、どっしりと美しく生きたい。

難しい。難しんだよー。

2017 年にやること、やりたいこと

f:id:whe-log:20170109051142j:plain

やることややりたいことは言葉に残そう。

  • 模様替えをする(具体的には物を減らしてソファを置く。テーブルを新しくする。)
  • 料理を習慣にする
  • 映画館で映画を観たい
  • 美術館に行きたい
  • 好きな人に好きと言ってみる
  • 絵を描きたい
  • 版画を作りたい
  • 一人で行けるお気に入りのバーに行きたい
  • 月に最低1冊は本を読む

まず今月中に↑を達成するために計画をたてることにする。
順次増えていく予定。